音楽療法による支援

フレンズでは
2018年8月から音楽療法士による音楽療法が始まっています 。
今回(2021年4月)新たに 以下の様なコメントを
音楽療法の会さざなみ さんからいただきました。

2018年より、月に2回音楽療法をさせていただいてから間もなく3年が経ちます。

始まりの音楽が聴こえると、みんな好きな色の楽器(ドレミパイプ)を選び鳴らし始めます。
跳びはね、踊りながら鳴らす児童もいます。

音楽療法を開始した頃は座ったまま見ているだけで動かなかった児童も、
今では「はーい、私から!」と手を挙げ、積極的にリーダー役にもなってくれます。
音が苦手で耳を塞いでしまう児童も好きな楽器を見つけ、
この響き、この楽器ならできる・・と自ら選んで鳴らし、自己表現をしています。
音楽を通して仲間を意識し、楽器を鳴らす順番を待ち、ルールも守れるようになってきました。

活動をしている子どもたちの様子から成長を感じられ、
嬉しく思うと同時にたくさんのパワーと元気をもらっています。

現在コロナ禍の中、感染予防に気をつけながら制限のある活動にはなりますが、
4月からは今までより広いワンフロアーの部屋になり、伸び伸びと活動が出来る空間になりました。
これからもこの広いスペースを上手く利用しながら楽しく支援していきたいと思います。


NPO法人音楽療法の会さざなみ
音楽療法士 大井恵子 三宅順子

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

以下のコメントは、2018年8月のものです

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

はじめまして!
2018年8月からフレンズさんで
音楽療法をさせていただくことになりました
特定非営利活動法人音楽療法の会さざなみです。

さざなみは
音楽療法を専門的に行える認定音楽療法士と音楽療法に関心を持ち、
理解を示す医療従事者・および認定音楽療法士を目指す者の集まりです。

小さな子どもさんから障がいを持たれた成人の方、高齢の方まで
様々の方を対象に音楽療法を行っています。

フレンズさんでは
音楽を通して(楽器を鳴らしたり、身体を動かしたり)
楽しみながら感情の表出を図り、自己表現する力を養い、
また社会性を養うなど、
子どもたちの発達を支援して行きたいと思っています。

よろしくお願いします。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪